小説家になりたいくらら

コラムやSS、短編を綴っているブログ。大学院生であり就活生。生きていくことに必死です。

言葉を使うこと、その真髄

 

時間の速度に比例して、焦燥感が増していく。どうも、くららです。

 

言葉を使う仕事をしたい。というといくらか漠然としているのだけど、かい摘んで言えば、僕の言葉が誰か苦しんでいる人に届くような未来を思い描いている。

 

僕は言葉の隙間を縫うように、何年も反芻していた。僕の経験はすべて言葉に集約される。言葉をいかに使うか、言葉をいかに生み出すか、それが僕の課題だった。僕にとって唯一で最高の言葉。言語を生み出したい。それが誰かにとっても、最高の言葉になれば。いや、最高の文脈を、至高の文脈を、僕は作りたい。僕の、物語を・・・。

 

言葉を使うこと、その真髄

 

僕は日本語ラップが随分昔から好きなのだけど、それは俗にいう、彼らの言葉が「リアル」だからだ。一般に彼らの言葉が「リアル」だと言われるのは、アウトローにおいての切り詰めた生活の描写であったり、危ない薬に手を出しての音楽をしていたりと、まぁその定義は色々あるのだけど。

 

僕が好きなのは、ポエトリーの類いで、言葉に比重を置いているラップである。

彼らは詩人だ。

 

有限の人生のなかで どうして可能性を無限にした?

リストラみたくMPCが 俺の肩を叩けば良いのに

 

youtu.be

 

 

「音楽やめられたらよかった」という気持ちを、上のように表現している。比喩が自由に躍り出る音楽を僕は美しいと思う。言葉を使うこと、その真髄を、僕は彼らから学んだ。

 

少し遡るけど、高校の時、ある音楽に救われた。それは、神門(ごうど)というラッパーの曲だった。ラップの美しさを、彼から学んだ。それから、何度もライブに足を運んだ。ずっと「死にたい」をラップに助けられ、僕もラップの世界に足を踏み入れた。ただ、それはあまりうまくいくものじゃなかった。

 

今でもずっとラップを聴いてる。ありきたりの言葉じゃなく彼らの言葉で、完結しないストーリーを言葉に還元して、その生き様を曲に投影している。彼らが必死に頑張っているから、僕も頑張っていけそうになる。

 

僕は、改めて神門にお礼を言いたいと思っている。今でもアルバムはすぐに買う。いつか、またどこかで会えたらいい。僕はもうラップをしていないけど、ものを書いている。きっと僕のことも覚えていないだろうけど、あなたがいることで生きていられた。あなたが売れることを、こっそり願っている。さぁ残そう、二人がいた跡を。

 

youtu.be

 

 

(980文字)